スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インタビュー】凪 ジャカルタ店 バンバン氏

続いて、凪とパートナーを組む、オーナーのバンバンさんです!!

※インタビューは3月中旬に実施致しました。
※聞き手は虎キチです。
※会話の内容は一部変えている場合がございます。御了承下さいませ。
※一部英語でインタビューしております。リスニング、会話能力に乏しい私をどうぞお許しくださいませ。

-------------------
第一項;お店紹介
第二項;インタビュー 凪スタッフ 椎葉氏
第三項;インタビュー 凪スタッフ 早丸氏
第四項;インタビュー パートナー バンバン氏←今回
第五項;虎キチ 雑感
-------------------

バ=バンバンさん、虎=虎キチ

バンバン1


虎「まずは経歴を教えて下さい。」
バ「現在は44歳です(大笑)。ジャカルタの大学を出、西インドネシアで工場勤務を経て、2004年にインドネシア料理“TEKKO”をオープンいたしました。そして、去年、「ラーメン 凪」のパートナーとして、同店を開業しました。」

虎「“ラーメン 凪”をパートナーとして選んだ経緯を教えて下さい。」
バ「もうそれは“Fate(運命)”でしたね。去年の2月に“らーめん”を求めに日本へ行ったんです。日本のらーめんがとても好きで、『インドネシアに“りある・らーめん”を広めたい』という強い決意がありました。15日間で毎日毎日、らーめんを食べました。行く店店で、『店長はいますか?』と声をかけましたが、それはそれは大変でね(笑)その度に、『お味がだめだったんですか!!』とか、『お口に合わず大変申し訳ございません!』とかね(笑)」
 「14日目に“ラーメン 凪 渋谷店”に行ったんです。とても美味しかった!ベリーグッド!同じように『店長はいますか?』と伺うと、店長の小林さんがいらっしゃり、片言の英語でとても熱心に喋っていただけました。“偶々”二時間後にマネージャーの吉田さんがこちらにいらっしゃるということで、お話し出来たんですね。」

虎「大将の生田さんとは…?」
バ「そう、それでね!吉田さんとお話しする中で、生田さんと相談しなくてはいけないことになったんですが、彼はその時、香港にいたんです。するとどうでしょう?私のフライトチケットは明日の、“キャセイ・パシフィック航空 ジャカルタ行き”。なんと香港経由だったんです(笑)フィクションではないですよ(笑)そういうことで、生田さんとどうにかお話出来、その年の8月にオープンすることに至ったわけです(笑)」

バンバン


虎「映画になりそうですね(笑)」
バ「(目を丸くして)そうでしょう?(笑)でも問題なのは、ジャカルタがどこか、日本の人は分かってくれないことですけどね(大笑)!」

虎「そうみたいですねぇ(笑)『ジャカルタは、バリのどこ?』なんて聞く人もいるぐらいですからねぇ(苦笑)インドネシアの方は日本の“らーめん”は好きなんでしょうか?」
バ「はい!勿論です!ただ国に寄って味が違うのと同じように、日本とインドネシアではたくさん、(好みの)違いがあります。インドネシアではスパイスが好まれ、日本で好まれる“ナチュラル”テイストはこっちでは敬遠されるんですよ。むしろ、アンナチュラル、インパクトの強い食べ物が好まれる傾向にあると思います。」

虎「国々のニーズに合わせて、ものも変えなくてはいけないと。」
バ「その通り!マクドナルドでさえ、(インドネシアでは米が好まれるのに合わせて)ライスメニューも用意してあるんだよ。バーガーキングはないけどね(笑)ただし、重要なのは、ベーシックを変えないこと。そこを変えないで、ニーズにアダプトしていくことが必要だね。」

バンバン3


虎「お客さんの多くは中国系の方々ですが…」
バ「そうなんです。でも、見て下さい!凪ラーメンのロゴには、“ユニバーサル・ヌードル”と書いてあるでしょう?ここの近くのお店は“豚骨らーめん”が主流で、インドネシア人の中には、“らーめん=豚骨”というイメージを持った人も多くいらっしゃいます。ご存知のように、我が国の90%以上はイスラム教徒で、豚が食べられない。そこなんです!らーめんって、豚たけじゃないないじゃないでしょ。鶏もあるし、バジルだってある。そういう(らーめんは豚だという)イメージを変えたいんですよ。らーめんは、世界中の方々が食べられる、“ユニバーサル・ヌードル”なんだ!!」

banban


虎「“ラーメン 凪”を経営する上で、何か夢がありますか?」
バ「インドネシア中に“凪スピリッツ”を響かせたいですね。どこへ行っても、『凪?知ってる知ってる!あの美味しいらーめん屋さんでしょ!』みたいなね。」

バンバン2


虎「“凪ジャカルタ店”で何か、心掛けていることはありますか?」
バ「気が付いた時に、『なぜ、残しているのですか?』と意見を聞くようにしているよ。カスタマーの意見を召集し、なぜだめだったのかをフィードバックしている。ジャカルタのらーめん屋を色々巡ったけど、ここほど、“子供が残さない”らーめんを提供しているお店はないよ。お客様は神様(のように扱う)という気持ちを持って、お金だけじゃない、“凪スピリッツ”を提供するのも、我々のしなければならないことだと思う。」

虎「さて…バンバンさんにもあの質問を…」
 「バンバンさんにとって、らーめんとは?」
バ「日本の文化でしょう。ラーメンは中国由来のものだけど、それを日本人は“らーめん”にしたんだ。スープ、麺、トッピング…どこまでも拘りを持って、細かいところまで一生懸命。らーめんを見ると、日本人を見るみたいだよ。弟子になって、修業して…サムライみたいだね(笑)そういう過程で出来た“らーめん”は、中々マネできるものではないし、日本文化の神髄を味わうことが出来るものだと私は信じてます。」

-----------------

バンバンさん、ありがとうございました!!
「ラーメン」から「らーめん」へ…
海外で急速に広まる日本の「らーめん」文化を深く知り、それを広げたいという強い意志を持っていらっしゃるバンバン氏…
今後ともその良さを、どんどんと広げて行ってほしいと感じた次第でございます!!!

次回は、最終項!!
虎キチの雑感、及びお客さんにもインタビューをしましたので、その模様を送りたいと思います!!!

最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました!!!

虎キチ


スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IRC1202

Author:IRC1202
2011年4月…

一橋大学三人の麺好きメンがとうとう立ちあがった…
国立にラーメンサークルが正式に承認されるッ!


IRCはIkkyo Ramen Club の略称で、2011年4月に出来たばかりの「大学公認」ラーメンサークルです!

活動としては、

・月に数回皆で麺征しに行く

・自分の食べたらーめんをブログやツイッターで第三者に発信する

・らーめんに共感する人の「輪」を広げる

です。

共通するのは、
我々のサークルを通じて、「らーめんの魅力を知る」といった理念。
一店舗一店舗で違うらーめん、一人一人の好みが全く異なるらーめん…
様々な人やらーめんと出会い、その魅力を「深く」知る活動をしております!
らーめんのことを知りたいな、食べたいな、他の人に好みの一杯を伝えたいなという方は是非是非、一緒に麺征しましょう(^.^)/~~~


大学、大学院生大募集(^O^)/
現在所属大学;一橋大学、慶応大学、早稲田大学…
女の子も在籍\(^o^)/
詳しくは⇒「カテゴリ」から「麺ばー紹介」をクリックッ!!

らーめんに大学、性別の違いも関係ありませんッ!!


もし興味があれば、

・Twitterで@IRC1202までDMを送る

・MixiでIRCと検索してダイレクト・メールを送る

・irc_ramen@yahoo.co.jpまでメールを送る

でご連絡ください(^O^)/


心よりあなたの入麺をお待ちしています(^O^)/

それでは♪♪♪


\(゜ロ\)(/ロ゜)/

最新記事
最新コメント
IRCアルバム
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
494位
アクセスランキングを見る>>
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
PROLIS
IRC Twitter
麺ばー投票!
好きなブロガーに投票だ!
来麺者
リアル麺ブログ!
閲麺中なう
現在の閲覧者数:
麺ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

食べログブログランキング
食べログ グルメブログランキング
ラーブロ
クリッククリック!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。