スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インタビュー】凪 ジャカルタ店 早丸さん

椎葉さんに続き、「ラーメン 凪 ジャカルタ店」に駐在していらっしゃる早丸さんにインタビューを致しました!

※3月初旬にインタビューを致しました。
※聞き手は虎キチ、会話の内容を一部改変している場合がございます。御了承下さいませ。
早=早丸さん、虎=虎キチ

-------------------
第一項;お店紹介
第二項;インタビュー 凪スタッフ 椎葉氏
第三項;インタビュー 凪スタッフ 早丸氏←今回
第四項;インタビュー パートナー バンバン氏
第五項;虎キチ 雑感
-------------------

早丸1
商品について協議する、椎葉さん(左)と早丸さん(右)

虎「経歴を教えて下さい。」
早「大学を卒業後、食品関係の会社に就職しました。ITの会社に転職後、ニュージーランドのワーキングホリデーに申し込み、オークランドの企業に勤めました。転々としましたが、高級日本食レストランで経験したことは大きなものでしたね。職人上がりの方の下で修業し、“見た目まで料理”であることを学びました。」
 
虎「なぜ、らーめん屋で働くことになったのですか?」
早「海外に長くいまして、一番食べたかったのが“らーめん”だったんです。ヘッドシェフも務めたこともありまして、自分の可能性を試す意味でも、是非、“らーめん”を創りたいなと思っていたんです。本格的に学びたいと思い、日本に帰国し、お世話になることになりました。」

虎「なぜ、『凪』を選ぶことにしたのですか?」
早「海外に支店を持つことが最大の魅力でした。私自身も海外で店をやりたいと思っていましたので。」

虎「ジャカルタでは、どんなお仕事をされているのですか?」
早「当店の3階に工場があるのですが、そこのクオリティ・コントロール、発注の管理です。麺をつくったり、スープを煮込んだり…。仕込みリストを見て、簡単に役目を割り振ったりもしています。」

早丸5

早丸6

早丸3

早丸4


虎「従業員を教育する上で、何か大切にしていることはありますか。」
早「その国の人たちのスタイルに合わせること、習慣に合わせることですね。聞いた話なんですけど、インドネシアでは“けじめ”という言葉がないそうです。自分のペースでゆっくり、自由にやるとか…そういうことなんですかね。僕らでは『当然』だと思うことが、ここでは『当然ではない』ことがたくさんあるんです。なので、自分なりに、彼らに合わせてやることは常に心がけています。郷に入れば郷に従う。ん~でもやっぱり言葉では簡単ですが、実際やるとなれば、難しいですよね(笑)」

虎「早丸さんはインドネシア以外でも海外経験をされておりましたが、海外経営をする上で、一番の壁は何だと思いますか。」
早「法律、信頼のあるサプライヤーを見つけること、同地の好みの味に合わせること、この三つだと思います。インドネシアの事はまだ勉強中ですが、ニュージーランドではお酒を売るのに200万円が必要、排水管は禁止、店の外に椅子を置く場合にはお金を払わなければならないなどの制約があります。お店を開く前に、現地の法律を知ることは非常に重要だと思います。営業自体が出来ませんもんね。」

早丸2


虎「椎葉さんのどういう所を尊敬されますか。」
早「戦う姿です。価値観が通用しない、常識が通らない。ジレンマが衝突し、ストレスが溜まることは多々あると思います。その中でも凪のらーめんを海外に伝えたいという意気が、ローカルのお客様・スタッフとも仲良くしながら、びんびんとこっちにまで伝播してくる。そのような戦う姿に、大変尊敬しております。」

虎「生田さんの尊敬するところはどこですか。」
早「行動力ですね。去年の12月、生田さんがハワイから成田へ向かう際、僅か2時間しかなかったのに、わざわざ(TRY大賞の喜びを分かち合うために)渋谷にまで駆けつけてくれました。僅か15分のためにね(笑)本当にすごい人だと思います。また生田さんが『俺が一生面倒を見てやる。お前は一生懸命働け』とおっしゃっていただいたのは非常によく覚えております。なかなか、こういう社長って、世の中には少ないんじゃないかなぁ。」

虎「それでは…例のあの質問を。」
 「早丸さんにとって、“らーめん”とは?」
早「なんか恥ずかしいですねぇ(笑)…う~ん。商売として、自分がやりたいことですね。自分がらーめんが好きだと悟ったのは海外にいた時。日本人が受け入れながらも、幅を持たせ、外国の人にも好んでもらえるような一杯、毎日食べられるらーめんが創りたいと思っております。」

虎「ありがとうございました!!」


-----------------------------------------

早丸さん、ありがとうございました!

さてさて、次回は凪とパートナーを組む、オーナーのバンバンさんからお話を伺います。
どうして、ジャカルタにらーめんを持って来たかったのか、なぜ、凪を選んだのか…
示唆深いお話を色々と頂きましたので、是非、お伝えできればと思います!!
御期待下さい!!!

この度も最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました!!!!

虎キチ

第三項 終
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

IRC1202

Author:IRC1202
2011年4月…

一橋大学三人の麺好きメンがとうとう立ちあがった…
国立にラーメンサークルが正式に承認されるッ!


IRCはIkkyo Ramen Club の略称で、2011年4月に出来たばかりの「大学公認」ラーメンサークルです!

活動としては、

・月に数回皆で麺征しに行く

・自分の食べたらーめんをブログやツイッターで第三者に発信する

・らーめんに共感する人の「輪」を広げる

です。

共通するのは、
我々のサークルを通じて、「らーめんの魅力を知る」といった理念。
一店舗一店舗で違うらーめん、一人一人の好みが全く異なるらーめん…
様々な人やらーめんと出会い、その魅力を「深く」知る活動をしております!
らーめんのことを知りたいな、食べたいな、他の人に好みの一杯を伝えたいなという方は是非是非、一緒に麺征しましょう(^.^)/~~~


大学、大学院生大募集(^O^)/
現在所属大学;一橋大学、慶応大学、早稲田大学…
女の子も在籍\(^o^)/
詳しくは⇒「カテゴリ」から「麺ばー紹介」をクリックッ!!

らーめんに大学、性別の違いも関係ありませんッ!!


もし興味があれば、

・Twitterで@IRC1202までDMを送る

・MixiでIRCと検索してダイレクト・メールを送る

・irc_ramen@yahoo.co.jpまでメールを送る

でご連絡ください(^O^)/


心よりあなたの入麺をお待ちしています(^O^)/

それでは♪♪♪


\(゜ロ\)(/ロ゜)/

最新記事
最新コメント
IRCアルバム
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
568位
アクセスランキングを見る>>
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
PROLIS
IRC Twitter
麺ばー投票!
好きなブロガーに投票だ!
来麺者
リアル麺ブログ!
閲麺中なう
現在の閲覧者数:
麺ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

食べログブログランキング
食べログ グルメブログランキング
ラーブロ
クリッククリック!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。